事故車の車買取りについて

事故車の車買取りについて

事故車となると、普通の車買取業者では扱ってくれません。
事故車の定義としては、車の骨格となる重要なパーツに損傷があるもの。となっているので、扉が凹んで扉を取り換えた。と言っても事故車とならない場合があります。例えば凹んで修理に出したから、事故車だろう。
自己判断している場合は、あきらめる前に、中古車買取業者に相談してみるのも良いでしょう。それでも、事故車だと断定されてしまうと、普通の中古車買取業者ではまず買い取ってもらえません。しかし、事故車には事故車専門の買取業者も存在します。

 

その車を国内にそのまま流通させるのではなく、必要としている海外へ輸出したり、外部の損傷が激しくても、エンジンや他のパーツごとに分解して、販売した入りするのです。特に日本車は海外で人気が高く、場合によっては中古車に近い金額で買い取ってもらう事も出来るようです。
ニーズに合わせて、車が再利用されるのであればリサイクルにもエコにもつながりますね。事故車=廃車ではなく、もう一花咲かせてあげられるように、事故車専門買取業者を探してみてはいかがでしょうか。